• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 税金 > 市民税 > 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

ここから本文です。

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

 平成31年度(平成30年分)以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額が変わります

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しにより、平成31年度(平成30年分)から配偶者控除及び配偶者特別控除が変わります。

配偶者控除

配偶者控除とは、納税義務者に控除対象配偶者がいる場合、一定の控除を受けることができるものです。平成31年度(平成30年分)から、納税義務者の合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超えると配偶者控除が受けられなくなり、納税義務者の合計所得金額によって控除額が3段階に分けられます。

 

配偶者控除の控除額
 

納税義務者の合計所得金額

(給与所得のみの場合の給与収入金額)

配偶者の合計所得金額(給与所得のみの場合の給与収入金額)

900万円以下 (1120万円以下)

900万円超950万円以下 (1120万円超1170万円以下)

950万円超1000万円以下 (1170万円超1220万円以下)

控除対象 配偶者

33万円

22万円

11万円

38万円以下

(103万円以下)

老人控除  対象配偶者

38万円

26万円

13万円

38万円以下

(103万円以下)

配偶者特別控除

配偶者特別控除とは、配偶者に所得38万円(給与収入103万円)を超える所得があるため配偶者控除の適用が受けられなくても、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる場合があります。平成31年度(平成30年分)から、納税義務者の合計所得金額によって控除額が3段階に分けられ、配偶者の合計所得金額の適用範囲が123万円以下(給与所得のみの場合の給与収入金額201万6千円未満)に拡大されます。また、納税義務者の合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超えると配偶者特別控除が受けられなくなります。

 

配偶者特別控除の控除額

納税義務者の合計所得金額
(給与所得のみの場合の給与収入金額)

配偶者の合計所得金額(給与所得のみの場合の給与収入金額)

   900万円以下(1120万円以下)

900万円超950万円以下        (1120万円超1170万円以下)

950万円超1000万円以下     (1170万円超1220万円以下)

33万円

22万円

11万円

38万円超90万円以下
(103万円超155万円以下)

31万円

21万円

11万円

90万円超95万円以下
(155万円超160万円以下)

26万円

18万円

9万円

95万円超100万円以下
(160万円超166万8千円未満)

21万円

14万円

7万円

100万円超105万円以下
(166万8千円以上175万2千円未満)

16万円

11万円

6万円

105万円超110万円以下
(175万2千円以上183万2千円未満)

11万円

8万円

4万円

110万円超115万円以下
 (183万2千円以上190万4千円未満)

6万円

4万円

2万円

115万円超120万円以下
(190万4千円以上197万2千円未満)

3万円

2万円

1万円

120万円超123万円以下
(197万2千円以上201万6千円未満)

特によくあるご質問

お問い合わせ

経営管理部歳入推進室税務課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5053

ファクス番号:079-563-5697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?